adv.yomiuri 読売新聞広告局ポータルサイト

2016年 news

  • [ハレを共有する]広告事例:「ハレの日」の広告

    毎日発行されていて、掲載日を選ぶことができる新聞広告は「ハレの日」を演出するのが得意です...

    リンク
  • [おお、紙よ!]広告事例:紙だからできるクリエイティブ

    紙だからできるアイデアを加えると、新聞広告はより面白く、より効果的になります...

    リンク
  • [企画は現場に聞け]未来へ紡ぐリレープロジェクト

    2014年に始まった阪神大震災と東日本大震災の両被災地の子どもたちが交流する「未来へ紡ぐリレープロジェクト」が3年目を迎...

    リンク
  • [オウンドメディア]広告事例:消費者との“つながり”を生む新聞広...

    あらゆる面で消費者との“つながり”をつくることは、商品等の販促活動において益々重要になってきています。...

    リンク
  • 読売新聞閲読者は購入率が1.34倍「カスピ海ヨーグルト」(フジッ...

    フジッコ 「カスピ海ヨーグルト」 反響(カスピ海ヨーグルト購入率)や広告主からのコメント...

    リンク
  • [若者を、振り向かせろ]広告事例:若者に響く広告

    新聞広告の中には、若年層に向けたメッセージを訴求する広告が多数あります。今回は、J-MONITOR定型調査から...

    リンク
  • [見出し、大事ね。]広告事例:「見出し」のある広告

    広告原稿中で「見出し」に相当するのはヘッドコピーです。大胆な表現や考えさせる「見出し」は読者を惹きつける傾向があるようで...

    リンク
  • 広告賞は若きクリエイターの実験場(ライトパブリシティ 山根氏)

    「この国は、女性にとって発展途上国だ。」というフレーズで始まるPOLAのリクルートCMなどを手がけるライトパブリシティの...

    リンク
  • プランニングのことは磯部さんに聞いてみよう(磯部光毅氏)

    広告やコミュニケーションについて話をしていて「なんか議論が噛み合ないな」と感じたことはないだろうか。それは曖昧な意味合い...

    リンク
  • “未来を作る言葉やコピー”に興味があります(電通 阿部氏)

    恵比寿東口、たこ公園。最寄りのラーメン屋はAFURI。オシャレ東京人の聖地だ。取材ロケ地の希望を尋ねると、このたこ公園を...

    リンク
  • プランナーは企画の0から1を生み出す仕事(博報堂ケトル 畑中氏)...

    7月7日、晴れ。「夏も本番だし、ガッツリ夏感出しながらインタビューしよう」と無邪気に赤坂のど真ん中のカフェ(しかもテラ...

    リンク
  • 解釈を許容するコミュニケーションを求めて(SIX 矢後氏)

    その日、取材場所である表参道のカフェに颯爽と現れた彼はひどく汗をかいていた。複数のレイヤーを組み合わせて、関係性の妙や全...

    リンク
  • 広告づくりはヒマラヤ登山。道のりを一歩一歩です。(電通 上西氏)...

    タフな職人のような広告クリエイターだ。長い休暇には、病み上がりの体でエベレストに登り、バルト三国を経由してシベリア鉄道で...

    リンク
  • 読者はどのように「ハレの日」消費を楽しんでいるか

    “思い切った贅沢ではないけれど、ちょっとした贅沢しよう!”そんな消費マインドやタイミングを読み解いていくことで、「ハレの...

    リンク
  • 「機能性表示食品」は浸透したか ~読み解き~

    特定保健用食品、栄養機能食品に続く第三の制度「機能性表示食品制度」...

    リンク
  • 熊本地震後の「被災地支援消費」 ~読み解き~

    地産品の購入など消費を通じた被災地支援は一般化してきているのではないでしょうか...

    リンク
  • オリンピック・パラリンピック目前に考える企業のスポーツ支援広告…...

    リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックの開幕を控え、選手やチームを応援する新聞広告の掲載が増えてきています...

    リンク
  • 読者から見た「電力小売自由化」とは?

    4月1日からスタートした「電力の小売全面自由化」。読売新聞の読者は今回の自由化をどうとらえ、どのように行動しようとしてい...

    リンク

ページトップへ